朝陽の縁

小規模多機能型居宅介護 サービス内容

小規模多機能型居宅介護とは?

簡単に説明しますと・・・

① 居宅介護支援(ケアマネジャーによるサービスの調整)
② 通所介護(デイサービス)
③ 訪問介護(ヘルパーによる自宅訪問、家事支援)
④ ショートステイ(短期の宿泊)


上記サービスを、同じ施設の同じ職員から受けられるサービスです。

小規模多機能型居宅介護とは、「通い・訪問・泊り・サービス調整」
1つの事業所から受けられるサービスです。

同じ施設、同じ職員からサービスを受けられる

慣れた環境:認知症を患う方にとって、いつもと同じ環境はとても大事です。それはご本人様が「安心」できるからです。不慣れな環境、記憶にない職員との関わりは認知症症状の悪化を招きます。小規模多機能型居宅介護は関わるスタッフがいつもと同じ、通う、泊まる環境もいつもと同じで落ち着いた日常を過ごしやすいサービスです。

家族のように心が通じ合う職員:自宅での生活、通所先での生活、多くの場面で関わらせていただきますので、ご本人様の希望を引き出しやすいです。少人数制のため、個別対応が可能です。

「当り前のことを当たり前に出来る日々を目指して」

認知症になっても、今までの生活と変わらない日々が続けられるようにお手伝いします。
通い(デイサービス)を中心に、自宅訪問(ヘルパー)、宿泊(ショートステイ)を、様々なケースに合わせて利用できます。

【利用環境】
契約定員:29名  通い定員:19名/日   宿泊定員:5名/日

○すべては食にあり

食事は一日に中で楽しみの一つです。旬を感じる・香りを楽しむ・作ることの楽しみ、育てる(野菜など)喜びを感じ、食べる事を大切にします。

○それぞれができることを一緒にみつけます。

誰しも役割があると嬉しいものです。いつの間にか減ってしまった役割を一緒にみつけ、充実した日々を過ごせるよう支援させていただきます。

○いつも笑いましょう

笑顔は若返り効果があります。いつまでも輝いた笑顔でいていただけるよう、支援させていただきます。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ TEL:048-951-0161